ざわちん風?おさる妻・山川恵里佳、すっぴん披露!

お笑いタレント・おさる(旧芸名・モンキッキー)の妻で、タレントの山川恵里佳が、12日、自身のブログですっぴん写真を公開した。 ざわちんのマスクなし姿!フォトギャラリー 山川は「今日はスッピンちゃん、そしてざわちんちゃん風…笑」というコメントと共に写真をアップ。写真では、ものまねメイクで人気のタレント・ざわちんがメイク時にマスクなどで口部分を隠すように、マフラーで口から下を覆った姿を見せており、アラサーとは思えないあどけなさが残る風貌を披露している。 おさると山川は2007年に結婚。現在結婚8年目に突入している彼らだが、山川はブログで「おさるパパから教えてもらった近道使って、ふ~幼稚園間に合った^_^;」ともつづっており、今も夫婦仲は良い様子。二人の間には2010年に長女、2013年に長男が誕生している。

デニス・ホッパー、ジョージ・A・ロメロのゾンビ映画へ出演

デニス・ホッパーが、ジョージ・A・ロメロ監督の『ランド・オブ・ザ・デッド』へ出演することが明らかになった。ゾンビ映画3部作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』『ゾンビ』『死霊のえじき』に続く新たなソンビ映画となる同作は、ゾンビに支配された世界で、壁の中にある町で怯えながら暮らしている残された人間たちがゾンビの侵略を食い止めようとするストーリー展開となる。脚本はロメロが手掛け、撮影は10月から『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』が撮影されたペンシルベニア州ピッツバーグで行われる。

【無料】もうすぐスタート!「ネット選挙」をアプリで予習しよう!

クイズもできるアプリで、楽しく選挙を学べます。デキる女子たるもの、社会や政治に関する情報もしっかり把握しておきたいもの。2013年7月の参議院議員選挙からいわゆる「ネット選挙」が解禁されますが、「ネット選挙ってどういうものなの?」「今までの選挙とどう違うの?」と思っている方も多いのでは? 職場や飲み会で「ネット選挙」の話題になった時に固まらないように、今回ご紹介するあぷり「ネット選挙でGo!」で予習しましょう! 「ネット選挙でGo!」を使えば、アナタが選挙権を有する選挙区の候補者の一覧を素早く探し、プロフィール画面を呼び出すことができます。さらにプロフィール画面からワンクリックで候補者のサイトやSNSへリンクするので、より詳しい情報を素早く知ることが可能です。興味をもった候補者は「キニイッタ」機能でブックマークすることもできます。 また、このアプリには、選挙に関するクイズを「クイズにチャレンジ!」機能も搭載。クイズ内の参考情報で政治のしくみ?選挙のしくみ?日本と世界の比較?改正後の公選法などについて学ぶことができます。日本人にとって大切なイベントである「選挙」。このアプリで深く学んでみるのはいかがでしょうか。 ネット選挙でGo!※無料 ◆App Storehttps://itunes.apple.com/jp/ 元の記事を読む

映画『シンドバッド』ついに完結!完成披露で声優・スタッフが想い語る

映画『シンドバッド』の完成披露試写会が26日に都内で行われ、シンドバッドの声を務めた声優の村中知、サナ役でモデル・女優の田辺桃子、そして堂山卓見(演出)、佐藤好春(キャラクターデザイン・総作画監督)が出席した。 【写真】「セブンティーン」モデル・田辺桃子 同作は日本アニメーションと白組による『シンドバッド』のアニメーション企画2作品のダイジェストに、新映像を追加した完結編。船乗りの少年シンドバッドが、魔法族の姫や仲間らと繰り出した大海原で冒険するさまを描く。 登壇した村中はいよいよ完結編がお披露目とあり、「1作目、2作目と時間をかけて作った作品で役作りにかける時間もたくさんありました。公開の度にイベントやトークショーもさせていただき、スタッフさんたちとも作品についてお話しする機会がたくさんあり、通常の3~4倍思い入れが強い作品になったと思います」とあいさつ。 雑誌「セブンティーン」のモデルや女優として活動している田辺にとっては本シリーズが声優初挑戦で 、「1作品目では周りからお褒めの言葉をいただいていたけど、自分では納得がいっていなくて。サナとどうやって向き合っていけばいいかずっと考えながら、自分も作品と共に成長しながら歩んできた日々だったと思っています」と胸いっぱいの表情で振り返った。 また、1作目と2作目でメガホンを取った故・宮下新平監督が本作の製作途中に亡くなり、その後を引き継ぎ完成させた堂山氏は、「完成していた1話2話を観たり、みなさまの演じ方を参考にさせていただいて、ラストシーンや未完成だった部分を宮下さんの思いをくむ感じで出来ればという思いがありました。こういう形でお披露目できる状態に持ってこられてホッとしています」と心中を明かした。 佐藤好春、田辺桃子、村中、堂山卓見 そんな堂山氏に村中が「わたしの業界では今まで別の方がされていた作品を途中から任せてもらうことも結構あります。プレッシャーも責任もある中で引き受けてくださり大変だったと思うけど、キャストとしてはすごくありがたかったです」と感謝の気持ちを語ると、温かなチームワークに佐藤氏も、「この『シンドバッド』にまた続編が出来て欲しいと思いました。『3』を観てもシンドバッドの生き様やドラマが生き生きしていて、またこの人たちと一緒に仕事したいなと思いました」と目を細めていた。 映画『シンドバッド』は5月14日より全国公開

柳楽優弥、『許されざる者』で新境地!ワイルドな変身を助けた意外なアプローチとは?

映画『許されざる者』で、渡辺謙、佐藤浩市、柄本明ら日本映画をけん引するベテラン俳優陣と共に名を連ねた柳楽優弥が、本作の役づくりについて語った。 本作で柳楽が演じているのは、渡辺ふんする主人公の釜田十兵衛と共に、女郎の顔を切り刻んだ賞金首を追う青年・沢田五郎。深い心の闇を抱えながらも、底抜けに明るい野生児を好演して新境地を切り開いた。 劇中、体重を10キロ増量したガタイのいい体に、ひげを生やし日焼けした顔で豪快に笑う柳楽は、内に秘めた役柄が多かったこれまでのイメージを一新。普段は無口で、テンションが高くなることもあまりないという柳楽に、リハーサルの際、李相日監督は「一度爆発させてみよう、AKB48の歌を大声で歌ってみて!」という仰天の指令を出したそう。「スタッフさんの前で大声で歌って踊ったら、だんだん恥ずかしさもなくなりましたね(笑)」と思いも寄らない意外なアプローチによって殻を打ち破ったことを明かした。 現場で撮影に入ってからは、李監督をはじめ、渡辺や柄本ら普段は優しい名優たちからも厳しいアドバイスを受けた。「謙さんには、『芝居のキャッチボールをする中でおまえのセリフは心に響いてこない』と言われたことがありました。ものすごくショックだったけど、そこまでちゃんと言ってくださる俳優さんはいませんから。必死になって反省して、撮影の間はとにかく五郎のことしか頭にありませんでした」と振り返った。 「台本の後ろには、先輩たちからいただいた言葉がびっしり並んでいるんです。一冊の教科書ができた感じですよ」と笑顔を浮かべた柳楽。「今は、この作品を通して、強さを身に付け、新しい引き出しを作ることができた喜びの気持ちでいっぱいです」と話した柳楽の笑顔は、役者として成長を遂げた自信に満ちあふれていた。撮影の試練の中で殻を打ち破り、これまでとはひと味違う柳楽の今後に大いに期待したい。 映画『許されざる者』は9月13日より全国公開

SKE松井珠理奈、連ドラ初主演 前田敦子と入れ替わり!

アイドルグループ・SKE48の松井珠理奈が、7月13日よりスタートするTBS系の新ドラマ「死幣」で、連続ドラマ初主演を務める。松井にとっては現在、AKB48グループの先輩にあたる前田敦子主演の「毒島ゆり子のせきらら日記」が放送中の水曜深夜枠を引き継ぐことになり、「嬉しい反面プレッシャーも感じています」と心境を明かしている。 【写真】いま覚えておくべき絶対くる顔! 呪われた1万円札=”死幣”を手にした人間が次々と不可解な死を迎えるという本格ホラーサスペンス。女子大生・南由夏(松井)の友人がある日突然、怪死を遂げる。死体の周りには大量の1万円札、そしてその福沢諭吉の両目には黒いシミがついていた……。「死幣」の呪いにより仲間たちが次々と死に見舞われる中、由夏は刑事の若本(戸次重幸)と共に、ある法則性に気づく。 呪われていく仲間たちを助けるために奮闘する由夏。「私もSKE48の中でメンバーのことを考えて行動したいといつも思っているので、そういう仲間想いなところは共感できます」と松井は語る。初主演かつ、初の女子大生役とあり、「今の自分とは違う青春生活を過ごすような感覚で嬉しいです」とも明かした。 左上から時計回りに吉岡里帆、山田裕貴、白洲迅、西田麻衣、中村ゆりか、葉山奨之 – (C) TBS また、肩を並べてパフォーマンスをした経験もある大先輩・前田主演ドラマの放送枠を引き継ぐかたちとなるが、「前田さんにはアドバイスと励ましをいただきました」といい、「前田さんに負けないように頑張りたいと思います!」と意気込んだ。 そのほかのキャストには、NHK連続テレビ小説「まれ」で土屋演じるヒロインの弟役を務めた葉山奨之、「あさが来た」での好演が記憶に新しい吉岡里帆、多数の映画、ドラマで印象的な芝居を見せる山田裕貴、白洲迅、中村ゆりか、西田麻衣らがそろう。さらに、物語のカギを握る大学教授・財津太一郎を筧 利夫が演じる。 テレビドラマ「死幣」はTBS系にて7月13日より毎週水曜24:10~24:40放送

スカーレット・ヨハンソン、憧れの俳優との共演に大興奮

アニメ「スポンジボブスクウェアパンツ」の映画化企画で、デヴィッド・ハッセルホフと声の共演を果たしたスカーレット・ヨハンソンが、「昔、彼に恋をしていた」と告白した。ヨハンソンは、10代の頃、テレビシリーズ「ベイ・ウォッチ」に出演していたハッセルホフの大ファンだったそう。「若い頃、彼のことが大好きだったの。今回、クレジットで、彼の隣に自分の名前があるのを見たら、少女時代に戻ったみたいに興奮したわ」と語った。

マイケル・ベイ、『13日の金曜日』11作目製作へ

ホッケーマスクを被った殺人鬼ジェイソンが殺戮を繰り返す大人気ホラーシリーズ『13日の金曜日』のシリーズ11作目が、マイケル・ベイの主宰する映画製作会社プラチナム・デューンによって製作されることが明らかになった。ストーリーの詳細などは明らかにされていないが、マーク・ホイートンが脚本を手掛け、殺人鬼ジェイソンの起源に迫る内容になる予定だ。今年のハロウィンの3週間前である10月13日に全米公開される見込みだ。

『アーティスト』の名犬、ニンテンドー3DSの宣伝キャラクターに!

アカデミー賞最有力の映画『アーティスト』で一躍名をはせた名犬アギーが、北米版ニンテンドー3DSの宣伝キャラクターになることが発表された。アギーゲームソフト「nintendogs + cats」とニンテンドー3DS(パールピンク)の宣伝を担当する。犬が宣伝キャラクターになるのは同社史上初だという。 映画『アーティスト』フォトギャラリー 米任天堂は2月8日、ジャック・ラッセル・テリアのアギーをスポークスマンならぬスポークスドッグとして起用することを発表。オーナーのオマー・ヴォン・ミュラーと共に犬と人間の交流の素晴らしさをアピールする。 同社担当者はこれについて「アギーは任天堂のスポークスドッグとして特に何かをする必要があるわけではありません。アギーのような名犬と共に仕事ができるのは、われわれにとっても非常に光栄なことです」とコメントしている。 『アーティスト』で第64回カンヌ国際映画祭パルムドッグ賞を受賞したアギーは、今年の賞レースの終わりと共に映画業界からの引退することをすでに表明。今後は短編作品やテレビコマーシャルでの活動を予定しているというが、その矢先にビッグチャンスが舞い込んでくるあたり、やはりただ者ではない? 犬として映画界の頂点を極めつつあるアギーの今後に要注目だ。

キャリー・フィッシャーさん死去も…『スター・ウォーズ』エピソード9にレイア姫登場へ

映画『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じてきたキャリー・フィッシャーさんはエピソード9撮影前の昨年12月に急逝してしまったものの、レイア姫は同作に登場することになるようだ。キャリーさんの弟であるトッド・フィッシャーが、エピソード7および8のために撮影された彼女の素材を、エピソード9で使うことをディズニーに許可したと NY Daily News に語った。 【画像】エピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 エピソード9は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(エピソード8・12月15日世界公開)に続く新たな3部作の最終章。レイア姫の役はエピソード9でより大きなものになるという前提で制作が進められていたが、キャリーさんは同作の撮影が始まる前に亡くなってしまった。 スタジオはCGI(Computer Generated Imagery)技術でレイア姫を再現するつもりはないと発表していたが、すでに撮影済みの素材をエピソード9で使うことにしたよう。トッドは「わたしたち(自分と、キャリーさんの娘であるビリー・ロード)が『どのように彼女ナシのものにするのですか?』と聞いたら、彼らの答えは『ナシにはしない』というものでした」とコメント。 「彼女は何よりもシリーズの大きな部分を占めていますし、彼女の存在は今までになくパワフルなものになったと思います。オビ=ワン・ケノービがライトセーバーで斬られてからよりパワフルな存在になったように。それと同じことがキャリーにも起きているのだと感じます。レガシーは続いていくべきだと思います」とトッド。そうした思いから、キャリーさんの近年撮影された素材のエピソード9での使用許可を、ビリーと共にディズニーに与えたという。 またトッドは、レイア姫をどのようにエピソード9に登場させるのかについてはスタジオに干渉するつもりはなく、フィルムメイカーたちは素晴らしい仕事をするはずだと全幅の信頼を寄せているとも明かしていた。エピソード9の撮影は7月よりイギリス・ロンドンで始まり、2019年の全米公開を予定している。

Page 1 of 34912345...102030...Last »

lakegenevagenerals
Go to Top