菅野美穂、”女王蜂のような役どころ”に赤面!

女優の菅野美穂が25日、丸の内ピカデリーで行われた映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』完成披露試写会舞台あいさつで、「女王蜂のよう」だったという本作での役どころと自身との共通点を聞かれ、赤面した。 映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』写真ギャラリー 共演の堺雅人、柄本佑、西田敏行、金子文紀監督と共に舞台あいさつに出席した菅野は、男女が逆転した江戸の世を舞台にした本作で、女将軍・徳川綱吉役を務めた。歴史上の人物を演じることについて、「光栄な日々でした」と喜びを口にしていたが、跡継ぎを産むべく大奥の男性たちと子作りに励む女王蜂のような役どころだったそうで、「なんという大役を仰せつかったのだろうと震え上がりまして、(役柄と)共通点を見つけるのが難しくて」と役づくりの苦労も告白。MCから「菅野さんはそういうタイプではないのですね」と振られると、「な、何て答えていいのか……」と言葉を詰まらせ、思わず赤面して顔を手で覆っていた。 ほかにも舞台あいさつでは現場の和気あいあいとした様子が語られ、堺が「柄本君がホテルからスリッパのまま電車に乗って撮影所に来たことがあってびっくりしました」と柄本の珍エピソードを明かし、会場は爆笑の渦に。アドリブ上手で知られる西田は、「地方の言葉が入ると厳密にしゃべらないといけないスイッチが入ってね、真面目に演じました」と台本通りの芝居だったことを明かした。 さらに、実際に男女逆転したらとの話題に、旅行好きな菅野は「バックパック一つで危ないところにも旅に行けるような男になりたい」とワイルドな男性への変身願望を告白。一方、堺は、もし劇中の大奥に入るのであれば、「あまり出世せずに下の方で小さな任務を全うして終わるのではないかな」と謙虚に答えていた。 『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』は、よしながふみの人気コミックを実写化した異色時代劇「大奥」シリーズ劇場版第2弾。謎の疫病により男の人口が激減し男女の構図が逆転した江戸の世を舞台に、大奥で繰り広げられる愛憎と野望のドラマを壮大なスケールで描く。 映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』は12月22日より全国公開

超面白いと評判の新『スター・トレック』、主演クリス・パインはポストブラピに決定!

「ブラッド・ピットの再来か?」と注目を集めているクリス・パインが、ジェームズ・T・カークを演じた映画『スター・トレック』について話してくれた。 映画『スター・トレック』写真ギャラリー トレッキーと呼ばれる熱狂的なファンを世界中に持つ『スター・トレック』シリーズ。過去に何度も映画化されてきたシリーズでもあるが、本作はテレビドラマ「LOST」シリーズや映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』など驚異の映像体験を世に送り出したJ・J・エイブラムス監督が新たに生み出した作品だ。 トレッキーの間でカリスマ的人気を誇るキャラクターであるキャプテン・カークの若き日を描いた本作で、血の気盛んな若きカークに抜てきされたのが、2009年にShowestの明日のスター賞を受賞し、ポストブラピとの呼び声高いクリスだ。この賞は過去にブラッド・ピットやシャイア・ラブーフも受賞しており、ハリウッドでのクリスの評価はうなぎ上りといえる。 初来日となったクリスに、東京の第一印象を聞いてみると「ああ、まさに映画『ブレードランナー』さ」との答えが返ってきた。続けて「不夜城、メトロポリス」と心底驚いた様子で、「とにかく大都会」とあどけない笑みを見せる。俳優として高い評価を受けるクリスだが、熱狂的ファンを持つ本作への挑戦には並々ならぬプレッシャーがあったという。「もちろんすべてのファンが認めてくれるとは思わないよ。けれどファンたちにわかってもらうことが僕の目標でもあったんだ。それに僕らが作り上げたものは、新しい世代にもウケる、新しい『スター・トレック』なんだよ!」。 エイブラムス監督は、激しいアクションも難なくこなし、見事カークを演じ切ったクリスを「次世代のスター」と絶賛する。すでに日本でも女性ファンを増やしつつあるクリスは、今後も出演作がめじろ押し。この快進撃が続けば「クリス・パインの再来か?」と呼ばれる俳優が登場する時代もそう遠い未来のことではないだろう。 映画『スター・トレック』は5月29日より丸の内ルーブルほかにて全国公開

ヘザースなんか殺してやりたい!カルト映画『ヘザース/ベロニカの熱い日』ドラマ化に進展

1989年のカルト映画『ヘザース/ベロニカの熱い日』のテレビドラマ化がようやく前進し、パイロット版の製作が決まったと The Hollywood Reporter が報じた。 【写真】メイクが濃いウィノナ・ライダー 米ケーブル局 TV Land が手掛ける本作は、現代の高校を舞台にしたアンソロジードラマになる予定。映画とは一味違うものの、同じくらい意地の悪いヘザースが登場するという。 オリジナル映画のストーリーは、”ヘザース”という人気グループの女子3人にこき使われて嫌気のさす高校生活を送っていたベロニカ(ウィノナ・ライダー)が、転校生JD(クリスチャン・スレイター)に「ヘザースなんか殺してやりたい!」とこぼしたことで、さまざまな事件が巻き起こるブラックコメディー。 ドラマ版では、ヘザー・マクナマラは黒人のレズビアンに、ヘザー・デュークは本名ヒースというジェンダークィア(既存の性別の枠組みに当てはまらない人)の男子に、ヘザー・チャンドラーは、映画版でダンプと呼ばれていたマーサのような容姿になるという。 パイロット版の脚本は『カワイイ私の作り方 全米バター細工選手権!』のジェイソン・ミカレフが担当。『バチェロレッテ −あの子が結婚するなんて!』のレスリー・ヘッドランドが監督を務める。 さまざまなリメイク版の中でも設定が大幅に変わっているため、キャスティングが楽しみな作品だ。

宇宙での極限サバイバル!サンドラ・ブロック&ジョージ・クルーニー共演作、超絶映像が公開

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの二大オスカー俳優が共演する新作映画『ゼロ・グラビティ』の特報映像と日本版ポスタービジュアルが公開された。ただし、デジタル技術を駆使した圧巻の映像に見とれるのも一瞬のこと。その後に映し出されるのは突発事故、そして無重力空間での絶望的な状況……果たして二人は無事生還することができるのか? 次から次へと予想不可能な出来事が起こるサスペンス作品となっている。 見とれてしまうほどの映像美!映画『ゼロ・グラビティ』特報映像 第70回ベネチア国際映画祭のオープニング作品である本作は、映画『トゥモロー・ワールド』『天国の口、終りの楽園。』のアルフォンソ・キュアロンが製作・監督・脚本を務めたスペースサスペンス。事故により地球との交信を絶たれ、酸素もわずか2時間しか残っていない中、漆黒の宇宙で2人きりになったメディカル・エンジニアの女性(サンドラ)とベテラン宇宙飛行士(ジョージ)の姿を描き出す。 今回の特報映像でまず目を引くのは、息をのむほど美しい宇宙空間の映像。とりわけ宇宙での”朝焼け”を映し出したカットは、映像美を売り文句にしたあらゆる作品の中でも傑出した仕上がりだ。そんな牧歌的な光景から一転、突発事故が起こってからの描写はただひたすらスピーディー。この短い映像からでも、キュアロン監督ならではの演出の妙がうかがえるのはさすがだ。 本作の題材になっているのは宇宙空間での事故。宇宙空間で起こった唯一の死亡事故といわれているのが、1971年6月30日のロシア船「ソユーズ11号」の事故だ。このときは宇宙船内の空気が漏れ、搭乗員3名が死亡するという事態に至った。本作で描かれる事故はそれとはいささか異なるものの、宇宙の危険を感じさせるには十分。これだけでも作中の状況がいかに危機的なものかがわかるだろう。 今回公開されたポスタービジュアルは、そんな作中での事故の瞬間を捉えており、本作の雰囲気を見事に反映している。演技力に定評のある2人のスターが繰り広げる、宇宙を舞台にした極限の人間ドラマに期待したい。 映画『ゼロ・グラビティ』は12月13日より3D / 2D同時公開

ダニエル・クレイグがやっぱりジェームズ・ボンド第1候補!

映画『007』シリーズの6代目ジェームズ・ボンドを務めてきたダニエル・クレイグが続投に前向きでない様子がたびたび報じられる中、製作陣は依然としてダニエルを第1候補に考えているという。同シリーズの製作総指揮を務めているカラム・マクドゥガルが英BBCに語った。 ダニエル・クレイグが語る『007』 カラムによると、共同プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンもダニエルがカムバックすることを望んでいるという。「彼らがダニエルに戻ってきてほしいと望んでいるのは私も知っています」「(ダニエルが)紛れもなく第1希望」と同メディアに語った。 本シリーズの過去4作品でボンドを演じてきたダニエルは昨年、『007 スペクター』のインタビュー中に再びボンドを演じるくらいであれば「手首を切った方がマシ」と答え、物議を醸した。その後の今年5月、6,800万ポンド(約88億4,000万円・1ポンド130円計算)でもう2本、ボンド役として出演してほしいというオファーを断ったと報じられていた。 それにより、誰が新たなボンド役に抜てきされるのかという憶測が飛び交っていた。次のボンド役候補には、『ホビット』シリーズでドワーフのキーリを演じたエイダン・ターナー、黒人初のボンドになるかと注目を浴びているイドリス・エルバ、『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で有名なトム・ヒドルストンらの名が挙がっていた。 カラムは次期ボンドについて問われると、「僕もわかればいいんだけど」と言葉を濁した。ダニエルの続投は今も未定だが、すでに20エピソードあるテレビドラマ「ピュアリー / Purity」への出演契約を交わしている。『007 スカイフォール』『007 スペクター』を手掛けてきたサム・メンデス監督も、新しい作品づくりをしたいとのことで、本シリーズから手を引くことを明言している。

ストーンズメンバー、恋人が自殺したミック・ジャガーのサポートを約束

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーの恋人ローレン・スコットさんが現地時間17日にニューヨーク市マンハッタンの自宅で首をつって亡くなっているところを発見されたことを受け、ストーンズのメンバーたちが、協力し合ってミックをサポートしていくと語った。 ローレンさんの死が明らかになった後、バンドはオーストラリアとニュージーランドで予定していた全コンサートを延期。全員が大変なショックを受けているといい、彼女と13年来の恋人だったミックの支援を表明しているという。 ドラムのチャーリー・ワッツは「言うまでもなく、全員がとてつもないショックを受けている。そして僕らが考えたのは、最悪な時を過ごしているミックをサポートすることだ」とコメント。コンサートについても「できるだけ早くオーストラリアとニュージーランドに戻ってきたい」と語ると、ギタリストのロン・ウッドは「本当にひどいニュースだよ。今、最も重要なことは、僕ら全員がミックをサポートしてやるために協力し合うことなんだ」と付け加えた。 またキース・リチャーズは、誰もこの悲劇を予想できなかったことを認めると、「ミックはいつだって俺のソウルブラザーだし、みんな彼を愛している」とコメント。「本当に仲が良いから、心からあいつを気の毒に思っている。ファンをガッカリさせるのは本当に嫌なことだ。でも、すぐにまたみんなに会えるよ」と語っている。 ミックは現地時間18日、自身のサイト上でローレンさんを追悼。「僕の恋人であり親友だった彼女が、なぜあんなにも悲劇的な形で人生を終えてしまったのか、理解しようともがいているところだ。僕らは何年にもわたって素晴らしい人生を一緒に築いてきた。とてつもない存在感を持つ人で、僕だけでなく誰もがその才能を称賛していた。彼女への追悼のメッセージと僕への励ましに感動している。僕は彼女のことを決して忘れないよ」と声明を寄せている。

北川景子と熱愛発覚にDAIGO母は「ウフフ」と喜びの表情 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

今年の”なりたい顔ランキング”1位の北川景子と竹下登元首相の孫で”うぃっしゅ!”のDAIGO。ちょっと意外なカップルが誕生した。 「北川の親友である貫地谷しほりが恋のキューピッドです。’11 年に北川が主演したドラマ『LADY~最後の犯罪プロファイル~』(TBS系)でDAIGOと共演したことがあるんですが、そのときは何もなかったんです。今年1月にバラエティー番組で再会してから、共通の友人である貫地谷と3人で会うようになって交際に発展したらしいですね」(スポーツ紙記者) 北川といえば、’11 年には老舗和菓子店の御曹司で年下の俳優である細田善彦とのデートも報じられていたが……。 「彼女はサバサバしていて”ツン”としたイメージがありますが、古風なところもあるんです。ブログにはよく手料理の写真をアップしていて、和食が多いんです。男性との写真を撮られたときにはいつも腕を絡めていたり、甘えるような一面もあります」(芸能レポーター) 一方のDAIGOは、母親を今も”マミー”と呼んでいることを隠さないマザコンキャラ。実家から徒歩5分圏内に住んでいるというから、筋金入りの甘えん坊なのだ。 恋愛報道があった11月27日の夕方、”マミー”にも報告はあったのかを確かめに、DAIGOの実家を訪ねた。インターホンを押すと、「今ちょうどね、晩ごはんを作っている最中なんです」と、忙しそうなマミー。それでも「いいカップルですね」と声をかけると、「ウフフ」と、うれしそうな声が聞こえてきた。夕飯を作り終わったころあいに再度、訪問した。 「今回のことは、すべて事務所を通していただくことになっておりますので……。申し訳ないんですけど、私の口からは何も言えないんですよ。DAIGOだけの問題じゃありませんので」

S・ブロックとM・ストリープ、コメディ映画で共演

サンドラ・ブロックとメリル・ストリープが、『ザ・ベスト・オブ・エヴリシング』で共演することが決まった。作品は、59年のジョーン・クロフォードとホープ・ラング主演映画『大都会の女たち』のリメイクで、出版社に勤める3人の女性たちが仕事や恋に悩む姿をコミカルに描くドラマだ。ストリープは不倫している編集者役、ブロックはストリープの部下に扮し、不倫相手役で『仮面の男』のジェレミー・アイアンズが共演する。撮影は来春から開始される見込み。

安田美沙子、上戸彩に対抗心?挙式終え、子づくりに意欲

タレントの安田美沙子が12日、レシピ本「『またあれ作って』と言われる幸せごはんレシピ」(講談社)の出版記念イベントを福家書店新宿サブナード店で行った。安田は今月5日に夫でファッションブランド「VICTIM」を経営するデザイナーの下鳥直之氏と式を挙げたばかり。夫婦仲について問われると「ラブラブです」と笑顔を見せた。 安田美沙子、上戸彩に対抗心? 挙式終え、子づくりに意欲 画像ギャラリー 安田自身が下鳥氏の健康を気遣って考案したメニューをはじめ、料理初心者向けに、安田が「恋人の胃袋をつかめる」お役立ちのレシピを紹介するという内容で書かれた本書。報道陣から改めて「旦那さんの胃袋をつかんだ感じはありますか?」と問われると、安田は「あります。ちゃんと帰って来てくれていますから」とにっこり。 新婚生活では、安田が食事を作ったあとは毎回下鳥氏が食器を洗うなど、下鳥氏の優しさにささえられているといい、下鳥氏の好きなところを問われると安田は、「わたしはしょっちゅうケンカを売るんですが、売ったケンカを買わないところ。この人ならやっていけると思いました」としみじみ。 最近は「わたしの料理で(彼が)太ったみたいです」とも話し、「グルメな方。わたしの料理についてもはっきり(感想を)言ってくれる」とのろけると、「小さい声で『おいしい』って言われる時が一番嬉しいです。わたしもさりげなく工夫して、彼が長生きできる料理をだしています」と幸せいっぱいの表情。 会見では上戸彩が第一子を妊娠したことも話題に上がり、報道陣から「同級生、まだ間に合いますよ」と声をかけられる一幕もあったが、安田は「頑張ります」と照れ笑い。「主人は女の子が欲しいみたいです。洋服屋さんなのでいろいろ着せたいみたいで。式も終わって一段落ついたのでお酒を減らして頑張ります」と話していた。 「『またあれ作って』と言われる幸せごはんレシピ」は発売中

浅野忠信、マーベル人気コミック「マイティ・ソー」映画版に出演決定!ナタリー・ポートマンと共演

第80回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた映画『モンゴル』でチンギス・ハーン役を演じ、ハリウッドからも注目を集めている浅野忠信が、マーベルの人気コミック「マイティ・ソー」を実写映画化する『ソー』へ出演することが明らかになった。 これはMTVなどアメリカの複数のメディアが伝えたもので、ケネス・ブラナー監督がメガホンを取る『ソー』で浅野は「ウォリアーズ・スリー」の一人を演じるとのこと。この「ウォリアーズ・スリー」は、主人公ソー直属の戦士で、浅野が演じるホーガン・ザ・グリムのほか、ファンドラル、ヴォルスタッグの3人から成り立つ。ホーガンは、モンゴル人のような毛皮の帽子を被りメイスを振り回している黒髪のキャラクターだ。彼は超人的な体力・耐久力・回復力を持ち、白兵戦に優れており、アスガードの武器に精通している勇敢な人物で、チンギス・ハーンを演じた浅野のイメージにぴったりといえるだろう。ホーガンの仲間であるファンドラルとヴォルスタッグは、スチュアート・タウンゼントとレイ・スティーヴンソンがふんする。 主人公ソーには、大ヒット映画『スター・トレック』の若手俳優クリス・ヘムズワースがふんすることが決まっており、ヒロインのジェーン・フォスター役にナタリー・ポートマン、ソーの義弟にして最大の強敵ロキ役にトム・ヒドルストン、狩りの女神シフ役にジェイミー・アレクサンダーが決まっている。また、アンソニー・ホプキンスがソーの父親であり、全知全能の神オーディン役で出演交渉中であることが明らかになっている。撮影は来年1月から開始される見込みで、2011年5月の全米公開を予定している。

Page 2 of 37612345...102030...Last »

Go to Top