大スクリーン&超高音質に騒然!話題作『ゼロ・グラビティ』の日本最速試写会が実施!

大スクリーン&超高音質!話題作『ゼロ・グラビティ』の日本最速試写会が実施! オスカーノミネートは確実?映画『ゼロ・グラビティ』フォトギャラリー サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの二大オスカー俳優が共演を果たした映画『ゼロ・グラビティ』の日本最速試写会が19日にTOHOシネマズららぽーと船橋にて行われ、アカデミー賞作品賞へのノミネートが確実視されている同作が国内で初披露された。 初披露の場となった同館のスクリーン4は、独自規格のラージスクリーン「TCX」、さらには最新音響設備「ドルビーアトモス」を備えた日本唯一の映画館(19日時点)。約19メートル×約10メートルの巨大スクリーン、同規模の劇場としては破格となる49個のスピーカーが設置された劇場は22日にグランドオープンしたばかりであり、12月13日より公開される『ゼロ・グラビティ』は同スクリーンで上映される初のロードショー作品となる。 この日は、話題作をいち早く観ようと約400名の一般客が来場。事故によって宇宙空間に投げ出された科学者と宇宙飛行士の決死のサバイバルを描いた同作を通じて、まるで観客自身が宇宙をさまよっているかのような感覚を体験した。「音響が本当にすごかった」「破片が飛んでくるシーンでは目をつむってしまった」(20代男性)と上映後、その迫力を目にした観客からは驚きの声が上がるほどだった。 支配人によると、同スクリーンは世界中に数あるドルビーシアターの中でも最高水準の劇場であるとのお墨付きをもらっているといい、とりわけ「アクション映画ではスクリーンと音響の迫力をたっぷり味わえると思います」とのこと。こけら落とし作品にあたる『ゼロ・グラビティ』についても「宇宙を浮遊している感覚が楽しめます」と自信を見せていた。また、同じく大スクリーンが魅力となっているIMAXシアターとは異なり、チケットに割増料金が設定されていないのもポイントだ。 映画『ゼロ・グラビティ』は、『天国の口、終りの楽園。』『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロン監督が7年ぶりに放つ長編映画。すでに公開されている世界各国では予想を超える大ヒットを記録し、世界興行収入はすでに5億ドル(約500億円・1ドル100円計算)を突破。批評家の間でも評価が高く、アカデミー賞ノミネートも確実視されている。 映画『ゼロ・グラビティ』は12月13日より全国公開

優木まおみ、早くも”妊活”に意欲 今年6月に結婚

ヘアメイクアーティストと婚約中のタレント・優木まおみが、早くも妊活に意欲を見せている。26日付の「準備」と題したブログ記事で、優木は「結婚式の準備とともにしておきたい準備が…妊娠する準備。ハワイ島での結婚式を終えたら、早めに妊活に入るつもりなのです」と明かした。 優木まおみ「子作りを急がなきゃ…」フォトギャラリー 現在33歳の優木は今年1月、ヘアメイクアーティストの男性との婚約を発表。今年6月にはハワイで挙式を行うことを明かしている。 “妊活”について、事務所の会長である生島ヒロシに話したところ、早速妊活本をもらったとのこと。「優しい東京のお父さんにいつも感謝です」とつづるとともに、「ちなみに、妊娠する準備とは正確には、母体となるためのカラダづくり。元気な赤ちゃんを産みたいですからね」とコメントした。 もっとも、芸能人という仕事柄、生活が乱れがちだといい、優木は「だからこそいつも心がけて、きたるその時のために日々を過ごそう…と改めて思います」と改めて気を引き締めている様子だ。

これが「パトレイバー」1万1,000円の前売り券!イングラムがデザインされたB3大判の豪華仕様

「機動警察パトレイバー」の実写版プロジェクト「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の全7章シリーズコンプリート前売り券のビジュアルが公開された。メタリックな文字列をバックにしたイングラムのスタイリッシュなビジュアルは、このためにデザインされたという特別仕様。また、前売り特典「特二レプリカTシャツ」も公開された。価格は税込み1万1,000円。 これが1万1,000円の世界だ!フォトギャラリー 同前売り券は、4月5日より順次上映される「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の第1章~第7章の通し券。B3の大判仕様であり、価格も1万円超となっているものの、そのままポスターにも使えそうなほど見事な仕上がりだ。前売り券はこの通し券のみの販売となっており、すでに全作を観ることを決めているファンならば、これを逃す手はない。 また、前売り特典としては「特二レプリカTシャツ」と2015年ゴールデンウイーク公開となる長編劇場版の世界最速試写会への応募券も同梱。とりわけ前者は劇中で特車二課メンバーが着用しているものをそのまま再現したもので、こちらもファンならばぜひとも手に入れておきたいアイテムだろう。 同作は、歩行型作業機械レイバーが実用化された世界を舞台に、レイバーによる犯罪を取り締まる「特車二課第二小隊」の活躍を描いたシリーズ初の実写化作品。長期的不況により活動が縮小された3代目特車二課の活躍が描かれる。出演は真野恵里菜、福士誠治、千葉繁、太田莉菜、筧利夫など。 『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』は4月5日より新宿ピカデリーほかにて上映前売り券は3月1日より上映館にて販売 税込み:1万1,000円

「お待たせ、男の子。」ハローキティメンズ向けプロジェクトが発足!

株式会社サンリオが、ハローキティの男性向けのアイテムを展開していく「HELLO KITTY MEN」プロジェクトを開始したことがわかった。 メンズ向けキティが誕生!「HELLO KITTY MEN」フォトギャラリー 女性を中心に愛されてきた同キャラクターだが、誕生40周年の節目に際し、男性にも親しまれるようにと同プロジェクトが発足。プロジェクト第1弾として、9月10日から阪急メンズ東京にて、「HELLO KITTY MEN meets HANKYU MEN’S TOKYO」と題された展示会を開催する。同展示会ではプロダクトから空間デザインまで幅広く手掛けているデザインオフィスnendo、グラフィックデザイナーの田部井美奈、アートディレクションやグラフィックデザインで知られる石黒篤史(OUWN)ら3組が、オリジナルでデザインした「ハローキティメン」を会場で発表する予定。 そしてプロジェクト用のビジュアルも公開。男性の顔にハローキティのトレードマークである大きなリボンがつけられたものと、「お待たせ、男の子。」というキャッチコピーと共にハローキティからのメッセージが添えられた2点が披露された。 ハローキティは同ビジュアルを通して、「わたしはいままで、たくさんの女の子に愛してもらってきました。でもね、ずっと思ってたの。女の子だけじゃなくて、男の子のそばにもいられたらな、って。だから、はじめちゃいます。男の子のためのキティをつくる、HELLO KITTY MEN Project!」と本プロジェクトへの決意をつづっている。 「HELLO KITTY MEN meets HANKYU MEN’S TOKYO」は、9月10日から9月16日まで阪急メンズ東京1階エントランスホールほかにて開催

女戦士フュリオサとまるで別人!16キロ激太りシャーリーズ・セロン

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の女戦士フュリオサ役で活躍した美人女優シャーリーズ・セロン(41)が、約16キロも増量し、立ちながらにしておなかがズボンにのるほど激太りした姿をカナダ・バンクーバーでキャッチされた。People.comなどが伝えた。 引き締まったボディのフュリオサ【写真】 フュリオサ役でみせたあのカリスマ的な存在感とスレンダーな体はどこへやら……すっかり親近感の沸く体型となったシャーリーズ。実はこれ、新作映画『タリー / Tully』の役づくりで、体重約16キロの増加に成功した結果だという。シャーリーズは、新生児を含む3人の子供を持つ母親役を務める。 シャーリーズといえば、徹底した役づくりで知られる女優。フュリオサにふんするために丸刈りにしたことも有名だが、激太りしたのもこれが初めてではない。過去に『モンスター』(2003)で実在の女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを演じるため、14キロもの増量&眉毛を全て抜き、持ち前の美しさを完全に拭い去った。その驚異の変貌ぶりは世間を驚かせ、シャーリーズはアカデミー賞主演女優賞をはじめ、さまざまな映画祭で賞を獲得。その後、すぐにもとの体型に戻したことでも大きな話題となった。 41歳にして、前回を上回る増量をやってのけたシャーリーズの女優魂に、圧倒されるばかり。撮影終了後の減量にも再び視線が集まりそうだ。

師走はホンワカ映画がイイ!ディズニー『プリンセスと魔法のキス』全米第1位 -12月15日版【全米ボックスオフィス考】

クリスマスは誰もが暖かムードになりたいもの。いよいよホリデー・シーズンもピークに近づき今週のボックスオフィスはファミリー映画の大御所ディズニーが手掛けたアニメ映画『プリンセスと魔法のキス』が2,421万ドル(約21億7,890万円)を収めて、全米ナンバーワンに輝いた。 3,434館・推定4,800スクリーンで公開中の本作は、実は今週が初登場ではない。封切られたのは先月の25日で、先週は第16位というトップ10にも入らないランキングだったのだが、ファミリー映画が断然強い感謝祭・クリスマスと続くアメリカのホリデー・シーズンに突入したことで観客数がジリジリと上昇した。そして今週に入って、12月に公開された歴代アニメ作品においての最高興行収入記録を更新するという栄冠までいただくことになった。また、今週に入り全米興行収入の年間記録が97億ドルを超え、歴代最高を記録している。 ランキングに戻り、今週の第2位は映画『ザ・ブラインド・サイド』で、先週第1位よりワンランクダウンの1,506万ドル(約13億5,540万円)。良質のストーリーが大好評の本作は、第2位に甘んじたとはいえ落下率は25パーセントと平均の落下率に比べて非常に小さいパーセンテージを示しており、これから本格的になるホリデー・シーズンを前にしてチャートで粘ることが予想される。 第3位は初登場で、クリント・イーストウッド監督映画『インビクタス/負けざる者たち』で861万ドル(約7億7,490万円)の売り上げ。イーストウッド監督作品にしては少々残念な結果であるが、これはスタジオ側の宣伝方針が的を射ていなかったのではとの声も上がっている。またプロモ戦略として、ストーリーの大切さと感動秘話という要素を前面に打ち出さず、ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領の話といううたい文句のみで観客動員を狙った的外れな宣伝作戦の結果が、初登場全米第3位という成績に表れてしまったのでは……と辛口な指摘する評論家も少なくない。ただ、優れた映画であることには変わりないため、これから映画ファンの口コミやオンラインでの評判などでジリジリと売り上げを伸ばし続けるという状況は十分に考えられる。 第4位は、映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』で796万ドル(7億1,640万円)。先週の第2位から48パーセントの降下率で、映画『アバター』などの強敵出現の今週末以降のランキングでは、圏外に押し出されてしまう可能性大である。 第5位はシーズンたけなわに入って、何とか頑張り続けている映画『Disney’sクリスマス・キャロル』で683万ドル(約6億1,470万円)の売り上げ。降下率12パーセントと今週のトップ10の中では最小であり、ここ数週間のパフォーマンスを念頭に入れると、このまま可もなく不可もない状態を保ち、最終的には結構な総合収入高を記録することになるかもしれない。 さて、次回ランキング予想だが今週末はブロックバスターめじろ押しで映画ファンにはたまらないウイークエンドとなりそうだ。まず目玉が期待の超大作ジェームズ・キャメロン監督映画『アバター』。最先端3Dを駆使した映像は、今までにないほどスゴイといううわさ。果たしてスタジオ側がもくろむように、映画ファンが前評判に乗って映画館に押し寄せてくるかが見ものである。 『アバター』の強敵となるのは、アカデミー賞映画『シカゴ』を監督したロブ・マーシャルが、再び手掛けたミュージカル超大作映画『NINE』。豪華絢爛(けんらん)、往年のハリウッド・ミュージカル的なこの作品には、『アバター』と比べて比較的年齢層が上の観客が集まる可能性大。ミュージカルという特殊ジャンルであることから考えると第1位は難しいかもしれないが、トップ5のし烈な争いに参戦することは必至と見られる。 次の話題作は、映画『噂のモーガン夫妻』という作品。昔は大人気だったヒュー・グラント、そして『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズのサラ・ジェシカ・パーカーによるラブコメだ。この二人にどれだけの集客力があるのか、本作によってある程度明らかになるため、結果に注目が集まる。

ジョン・リッターの家族が医療過誤訴訟

昨年、亡くなったジョン・リッターの家族が病院に対し医療過誤訴訟を起こした。リッターは「パパにはヒ・ミ・ツ」の撮影中に倒れ、病院に運ばれたが大動脈瘤で死亡した。しかし、訴状によると最終的な死因は大動脈瘤とされながらも、その前に2回誤診があったという。そのため、適切な処置が遅れ、死に至ったとして家族は不法死亡だと訴訟を起こしたようだ。家族は、一般的損害賠償金の他、不法死亡賠償金と埋葬費の支払いを求めている。

「ママと恋に落ちるまで」 シリーズフィナーレに納得できないファンが撮り直しを要求し署名活動

9シーズンにわたってアメリカで放送されたテレビドラマ「ママと恋に落ちるまで」が終了したが、その終わり方に納得ができないと、ファンが撮り直しを要求する騒動が起きている。 第8シーズンまで出演していたジェイソン・シーゲルが声で登場!映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』写真ギャラリー 同ドラマではジョシュ・ラドナー演じるテッドが子供たちに自分がママとどうやって恋に落ちたかを語っているのだが、第8シーズンの最終エピソードでやっとママの正体が明らかになった。この間には、ケイティ・ホームズなどのゲスト出演により、この人がママではないかとにおわせるエピソードが何度も織り込まれ、ファンはテッドが愛してやまない”ママ”との出会いと、子供たちが大きくなるまでに何があったのかを知りたいと待ちわびていたのだ。 しかし、エンディングは多くのファンをがっかりさせるもので、「あのエンディングは、ちょっと早いエイプリルフールのジョークだろ?」「考えれば考えるほど腹が立つ。9年間も放送してあれか?」など、放送終了後には怒りのツイートが飛び交った。 Change.orgでは、最終エピソードの脚本の書き直しと撮り直しを希望するファンが署名活動を行っており、すでに2万人以上が署名が集まっている。 一方、番組側としてはファンの不満が狙いだったのかもしれない。共同クリエイターのカーター・ベイズによると、エンディングの別バージョンがあり、それは第9シーズンのDVDセットにボーナスとして含まれるとのこと。 カーターによると、番組側は二つのエンディングのどちらにするかを迷ったそうだ。脚本は一つしかなかったというが、編集によって2バージョンのエンディングが出来上がったらしい。「われわれは放送されたエピソードをエンディングに選び、その判断は間違っていなかったと今でも思っている。でも、もう一つのバージョンも気に入っている」とツイートしている。「ママと恋に落ちるまで」の第9シーズンのDVDセットはアメリカで今秋発売される。

カーダシアン姉妹の母親が家族をバカ呼ばわりしたダニエル・クレイグに謝罪を求める

リアリティ番組「キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ」で日常生活を公開し、プライバシーを世間に切り売りしていることを指摘したダニエル・クレイグが、カーダシアン姉妹の母親クリス・ジェンナーから謝罪を求められている。 ダニエル・クレイグが声の出演、映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』写真ギャラリー ダニエルはカーダシアン姉妹を見れば世間は「テレビでバカみたいに振る舞うだけで大金が支払われると思うだろう」とコメントし、有名であることが有名なカーダシアン姉妹を批判した。これに対し、母親のクリスは憤慨。「彼のコメントは一線を越えています。あんな発言をして、彼だっていい人には思われないでしょうに。真の男なら公式に謝罪をすべきです」とヒート誌のインタビューで語った。「彼の仕事ぶりを批判するのは簡単ですが、わたしたちはそこまで自分たちをおとしめるつもりはありません」と付け加え、人間的に自分の方が上だと言いたそうだ。 カーダシアン家の長女キムは、NBA選手クリス・ハンフリーと8月に結婚。この様子は同リアリティ番組で放送されたが、そのわずか72日後に彼女は離婚を申請。番組は彼女が結婚カウンセリングを受けに行く様子などを追い、番組のネタのために行動をしているようにも思える。

ガチャピン・ムックがはんにゃとユニット結成!?「ガチャピンじゃない方」がムックの悩み?

19日、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催されたお笑いフェスティバル「Live STAND 2010」で、特別ユニットのガチャピン・ムックwithはんにゃが登場。およそ2万人の前でコントを披露した。 はんにゃ金田出演映画『私の優しくない先輩』写真ギャラリー 子ども番組「ひらけ!ポンキッキ」で誕生し、現在ではBSフジ系で放送中の「Beポンキッキ」にもレギュラー出演中の国民的な人気を誇る子どもたちのアイドル、ガチャピンとムック。今回のステージでは、お笑い界のアイドル、はんにゃとの夢のタッグが実現した。ステージにガチャピンとムックが登場すると、会場は割れんばかりの歓声。ガチャピンが「うれしいな、こんにちは~!」と呼び掛けると、会場からも「こんにちは~!」の大合唱。すかさずムックが「これだけの人の前で、緊張してしまいましたぞ」と話すと、ガチャピンも「僕だって、みんなの前にきたら、急におしっこ漏れそうになったよ」と緊張している様子。そこで二人の強力な助っ人として、はんにゃが呼ばれることになった。ガチャピンとムックは、恒例の金田のダンスを一緒に踊って金田を歓迎。しかし相方の川島には、「島川くんだっけ?」とつれないリアクション。「おれより面白いじゃないか」と川島を悔しがらせるほど、二人のトークはさえ渡っていた。 すると金田から民謡「ゆかいな牧場」のメロディーに合わせて、「○○がイーヤーイーヤーヨー」と言い合う「いやいやゲーム」をやろうと二人に提案。するとすかさずムックが「頭のプロペラが回るの見たことないと言われてる~、イーヤーイーヤーヨー。ぞうきんみたいだと言われてる~、イーヤーイーヤーヨー。ガチャピンじゃない方と言われる、イーヤーイーヤーヨー」と嘆き節を連発。言葉の端々に思わぬ悲哀を感じさせるムックだったが、特に最後の「じゃない方」というネタが、はんにゃ川島の心に響いたようで、ムックと熱い抱擁を交わしていた。 そしてイベント後、「はんにゃさんといっしょにお笑いに挑戦できて本当に楽しかったです」(ガチャピン)、「たくさんの人といっしょに笑えるって本当に幸せであります」(ムック)とコメントを発表。夢のユニットのコラボコントは大盛況のうちに終了した。

Page 4 of 376« First...23456...102030...Last »

Go to Top