ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ、女性同士のヌードシーンを語る【第68回カンヌ国際映画祭】

現地時間17日、第68回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品されている映画『キャロル / Carol』の公式会見が行われ、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、トッド・ヘインズ監督が出席。女性同士のラブシーンを演じたケイトとルーニーにヌードに関する質問が飛んだ。 セクシーなケイト・ブランシェットをもっと!フォトギャラリー 本作は、『アイム・ノット・ゼア』のヘインズ監督が『太陽がいっぱい』の原作者としても知られるパトリシア・ハイスミスのベストセラー小説を映画化した作品。1950年のニューヨークを舞台に、離婚訴訟中の気品あふれる人妻キャロル(ケイト)とクリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で働くテレーズ(ルーニー)の恋と逃避行、そしてそれが二人にもたらす結果を洗練された圧倒的に美しい語り口で描き、今年のパルムドール有力作品と目されている。 ケイトは本作に参加したことでヌードシーンに対する考え方が変わったか、と問われると「子供を生んでから変わったわ。たくさんの知らない人に裸を見られるわけだから」とコメントして笑いを誘い、本作におけるラブシーンについて「とてもとても重要なシーンよ。映画の構造上でも物語を語る上でも。トッドは素晴らしく、どのように撮影するのかを説明してくれた。だからこれは一つのシーンなのよ。ほかのシーンと同様にね」と説明。一方のルーニーは「わたしはよくヌードになるから、大した問題じゃないわ」とさらりと答え、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。 また、会見の前にはVarietyのインタビューでケイトが女性と性的関係を持ったことがあると明かしたとして話題になっていたが、ケイトは「わたしの記憶では『女性と関係を持ったことがある?』と聞かれたから、『ええ何度も。もし性的な関係という意味なら答えはノーだけど』と答えたの。でもその部分は掲載されなかったわね(笑)」と否定。「でも今は2015年よ。そんなの誰が気にするの」と続けていた。 映画『キャロル』は2016年初春、全国公開第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催

加藤登紀子、放射能汚染の福島・飯舘村に「やるせなさに掛ける言葉がなかった」と涙

27日、枯葉剤被害の実情を描いた映画『沈黙の春を生きて』の公開を記念し、歌手の加藤登紀子、坂田雅子監督のトークイベントが東京・岩波ホールで行われた。本作でナレーションを担当した加藤は、作品を通じ大きな愛や生命の崇高さを強く実感したといい、放射能汚染にさらされた福島県飯舘村を訪問した話も交え、時に涙ぐみながら自身の思いを語った。 映画『沈黙の春を生きて』場面写真 映画『沈黙の春を生きて』は、アメリカ軍がベトナムで1961年から14年にわたり続けた枯葉剤散布作戦により、被害を受け人生を大きく狂わされた人々とその家族の姿を追ったドキュメンタリー作品。加藤はやはり枯葉剤被害の実態に迫った坂田監督の前作『花はどこへいった』を鑑賞し、「作品の中で『素晴らしい人たちに会って癒やされた』という一文があり素晴らしいと思いました」とナレーションを引き受けた経緯を明かし、本作では枯葉剤の深刻な被害を受けながらも「生命を輝かせ、大きな愛を持って生きている」出演者たちの姿に感動したと感想を語った。 本作で枯葉剤という目に見えぬ恐怖にさらされた人々の姿は、震災による原発事故で放射能汚染に見舞われた人たちの姿とも重なってくるが、加藤はその中の一つである福島県飯舘村を5月に訪問。地震や津波による被害ではなく、放射能汚染により「見た目には何も失われていないのに、暮らした土地や仕事を奪われた人たちのやるせなさに掛ける言葉がなかった」と、涙をにじませながら語った。 しかし加藤は大きな困難に見舞われながらも希望と明るさを失わずに生きる本作の出演者たちに触れ、「闇が深いほど光には敏感になるし、映画の中でも『困難を乗り越えたことで幸せにたどり着けた』という言葉がありました。生命の崇高さを感じたし、若い人たちにたくさん見てほしい」とメッセージ。予定時間を15分以上超えて熱く語り、最後に本作との出会いがきっかけとなりレコーディングされた加藤の「アメージング・グレイス」が場内に流されると、涙を拭う人たちの姿が多く見られた。 映画『沈黙の春を生きて』は岩波ホールにて上映中

VAMPSが廃墟化した東京で熱演「AHEAD」PV解禁

VAMPSの新曲「AHEAD」のビデオクリップの一部が、ユニバーサルミュージックのYouTube公式チャンネルにて公開された。 同曲はメンバーも出演するスマートフォン「Xperia UL」のCMソングとしてオンエア中の激しいロックチューン。その世界観を表したビデオクリップは、廃墟と化した東京の一角で熱演を繰り広げるVAMPSの姿にフォーカスが当てられている。 7月3日にリリースされるニューシングル「AHEAD / REPLAY」の初回限定盤A付属のDVDには、「AHEAD」のビデオクリップ全編を収録。全貌を確かめたい人はこちらのチェックをお忘れなく。

大物スターや監督をとりこにしてきたスカヨハの魅力を検証!

昨年、Esquire誌が選ぶ最もセクシーな女性に選ばれ、ウディ・アレンなど有名監督や大物スターをもとりこにしてきた、スカヨハことスカーレット・ヨハンソンの魅力を改めて検証した。 かっこいいスカヨハは必見!映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』フォトギャラリー 1984年ニューヨーク生まれのスカヨハのスクリーンデビューは、10歳で出演した『ノース/ちいさな旅人』。その後も『理由』『のら猫の日記』『ゴーストワールド』などで、着実にキャリアを積んできた。『ゴーストワールド』ではトロント映画批評家協会賞助演女優賞を受賞、『ロスト・イン・トランスレーション』『真珠の耳飾りの少女』ではゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞ではこの2作で主演賞にそろってダブルノミネートという快挙を達成し(『ロスト~』で英国アカデミー賞主演女優賞を獲得)、一気にブレイクを果たした。 その演技力がウディ・アレン監督の目に留まり、映画『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』『それでも恋するバルセロナ』と立て続けにアレン監督作に出演し、今ではガールズムービーのトップランナーとして活躍。『マッチポイント』では既婚者の主人公を惑わす女性を、『ブラック・ダリア』では恋人の親友が思いを寄せる美女を演じるなど、男を悩ませ、狂わせる役を演じさせれば、いまのハリウッドで彼女の右に出る者はいない。その小悪魔ぶりはプライベートでも発揮しており、かつては野球選手のデレク・ジーターやジャレッド・レトー、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ハートネット、ジャスティン・ティンバーレイク、ショーン・ペンなど大物スターをとりこにしている。 その一方で、どんな役にも果敢にチャレンジするのがスカヨハ。映画『アイアンマン2』で演じた女スパイ、ブラック・ウィドウの役はいまや彼女のキャリアを代表するキャラクターとなり、『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でも続役。現在は、婚約者でフランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックとの間に子どもをもうけ、妊娠5か月にもかかわらず『アベンジャーズ』の続編『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン / Avengers: Age of Ultron』の撮影に挑んでいる。 そのほかにも、ドラッグの誤った吸引により、殺人マシーンに変貌してしまう映画『ルーシー / Lucy』や、全裸も惜しまずにエイリアン役に挑戦した『アンダー・ザ・スキン / Under the Skin』などの公開を控えるスカヨハ。ママになってもさらなる活躍に期待したい。 映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』は全国公開中

アンジェリカ・ヒューストン、コメディ・ドラマを監督

巨匠ジョン・ヒューストン監督の娘で自らも監督として1996年の映画『冷たい一瞬(とき)を抱いて』で初メガホンを取ったアンジェリカ・ヒューストンが、新作映画で再び監督を務めることが決まった。作品はダニエル・ウッドレルの同名ベストセラー小説を映画化する『ギヴ・アス・ア・キス』で、疲れ果てた犯罪小説家の男を主人公にしたアクションとスリラーの要素もあるコメディ・ドラマだ。脚本はアンガス・マクラクランが手掛け、ヒューストンはエグゼクティブ・プロデューサーとしても名を連ねる。

「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリスティン・デイヴィス、養女を迎える

テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリスティン・デイヴィスが養女を迎えたという。 クリスティン・デイヴィス出演映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』写真ギャラリー 数か月前にジェマ・ローズちゃんを養女に迎えた46歳のクリスティンは、「長い間望んでいたことです。その思いがかない、想像以上の感謝の気持ちで一杯です」とピープル誌にコメントしている。 クリスティンは以前からインタビューで子どもがほしいと言っており、幸せいっぱいだろう。「子どもはぜひほしいわ。養子も取りたい。ステキな男性を見つけて彼の子どもも産みたい。まだあきらめていないわ。友達はみんな子どもがいて、みんなかわいいの。わたしはクリスティンおばさんで、最高の気分よ。甥も姪もいるのよ」と子どもが大好きなのがインタビューからも明らかだ。 しかし、昨年のインタビューでは結婚についてはあきらめ気味に。「結婚はできなかもしれない。絶対ムリとは言わないけど、ないかも。44歳だし。でも、何歳であっても願っているものは手に入れられると思っているわ」と語っており、母親という望みを見事に手にしたようだ。

J・ロペス、100メートルの距離をリムジン6台で

プロモーションで滞在しているロンドンから、お騒がせ女優ジェニファー・ロペスのわがままぶりが次々に報道されてくる。新作『メイド・イン・マンハッタン』のインタビューで「私もブロンクス出身だから、毎朝電車に乗って9時から5時まで働くことの大変さはよく知っているわ」と答えていたロペスだが、わずか100メートル離れたホテルへ行くにも6台のリムジンにお付きの人を30人乗せて移動。15分もかけてリムジンに乗るロペスの集団に「なんで歩かないの」と周囲は唖然としていたという。

衝撃の告白!『プレシャス』でアカデミー賞獲得のモニークの兄、妹への性的虐待を認める

アメリカ時間の月曜日に人気テレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」で幼いころのモニークにわいせつ行為をしていたことを、実の兄が激白した。 モニークは、映画『プレシャス』でこれまで多く演じてきたコミカルな役柄から一転して、実の子どもに容赦なく虐待する母親を演じ切り、その圧倒的パフォーマンスによって賞レースを席巻、念願のオスカー助演女優賞を獲得。今、最も注目される女優の一人だ。しかし、そんなモニークに悲しい過去が発覚した。映画『プレシャス』の製作総指揮も務めた、人気司会者オプラ・ウィンフリーの番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」で、まだ幼かったモニークに性的虐待を加えていたと実の兄が告白したのだ。番組が始まるとジェラルドは、オプラに促されるように「わたしはまだ幼かったモニークに7歳からの2年間、彼女が眠っている間に性的虐待を加えていました」と告白し始めた。彼自身も性的虐待を加えられていたそうで、「苦痛から逃れるために11歳でコカイン、ヘロイン、アルコールを使い始め、すべてのストレスを妹にぶつけていました。許してもらえないことはわかっていますが、兄弟としての関係を修復したいと思っています」と語った。ジェラルドは、別の少女へわいせつ行為を行なった罪で懲役12年を宣告された過去がある。 今回のショーには、モニークにも出演のオファーしていたそうだが、モニークは出演も兄の謝罪を受けることも断っている。

人気急上昇中!希代の美青年監督グザヴィエ・ドラン特集上映開催

現在上映中の、美貌のカナダ人監督グザヴィエ・ドラン主演作『エレファント・ソング』の公開を記念し、渋谷のアップリンクで特集上映「DOLAN ANYWAYS」が開催される。 【写真】危うくも美しい…グザヴィエ・ドラン主演スリラー場面写真 わずか26歳にして5本の監督作を手掛け、今年5月に行われた第68回カンヌ国際映画祭審査員を務めるなど快進撃が続くドラン。元AKB48の大島優子や女優の高畑充希ら著名人がSNSにドラン作品の感想を投稿するなど、日本でも人気急上昇中の彼が、自ら出演を熱望したというスリラー『エレファント・ソング』が6日より上映中。本作の公開を記念した特集上映では、彼の監督作『トム・アット・ザ・ファーム』(2013)『わたしはロランス』(2012)『胸騒ぎの恋人』(2010)『マイ・マザー』(2009)の計4本が上映される。 ドランの主演作『エレファント・ソング』(C) Sebastien Raymond 11日には『エレファント・ソング』の上映後、映画館でコラボスイーツとドリンクを楽しみながら、パリの映画館で開催されたドランによる公開授業(約1時間の編集版)を鑑賞するイベントも開催予定だ。 グザヴィエ・ドラン特集上映「DOLAN ANYWAYS」は渋谷のアップリンクで6月20日より開催

モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーも「Xファイル」劇場版第三作目への出演を希望!

今年の8月に、大ヒットテレビシリーズ「Xファイル」でFBI捜査官ダナ・スカリーを演じてきたジリアン・アンダーソンが、「Xファイル」の劇場映画版第三作目が製作される見込みであることを明らかにしたが、同テレビシリーズでフォックス・モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーがついに口を開いた。 デヴィッドはThe Daily Beastに対して、劇場映画版「Xファイル」第三作目への出演を希望する発言をした。「劇場版『Xファイル』に関しては、続編へ出演したいと考えているんだ。もし、我々が続編を製作するチャンスがあるのなら、Xファイル神話の核心を描くことになるだろう。劇場版第三作目が製作されることはごく自然なことで、もし製作されるのなら2012年に公開されるだろう」とデヴィッドは語った。劇場版第三作目が企画初期段階であることを明かしたジリアンも2012年という年度を明らかにしていたが、2012年にこだわるのは古代マヤ文明のマヤ暦が2012年12月で終わっていることからから、「2012年終末論」の流れに乗って映画を公開しようと考えているようだ。11月21日から日本で封切られる映画『2012』も「2012年終末論」を題材にしており、ローランド・エメリッヒ監督が地球滅亡を前に逃げまどう人々の姿を描いたSFパニック・ムービーとして期待されている。

Page 5 of 376« First...34567...102030...Last »

Go to Top