娘フランシス・ビーンの親権を故カート・コバーンの母親と妹に奪われたコートニー・ラヴだが、接近禁止命令まで受けた理由はドメスティック・バイオレンスではないかと報じられている。

E!オンラインによると、カートの母親と妹の弁護士は、一般の目に触れることがないよう、親権にかかわるすべての法的記録を封じることを求めたという。弁護士は特に、フランシスのプライベートな医療情報と、ドメスティック・バイオレンスの申し立てについて公的記録として保管しないよう求めたとのこと。弁護士がここで主張しているドメスティック・バイオレンスについての詳細はほかになく、隠そうとしていることでフランシスはコートニーに暴力を振るわれていて祖母に助けを求めたのではないかとメディアは憶測を始めている。接近禁止命令により娘と連絡を取ることが許されていないコートニーはSNSサイト”フェイスブック”で娘に会えない悲しみや怒りを書き込んでいる。