ある日知り合いのオトコと飲んでいたらやたらベタベタしてくる。一体何!? と思っていたらとどめの一言「お前○○ともやったらしいじゃん」……(死)コイツ、私とすぐにやれると思ってんの? てか、アイツと知り合いだったの? と驚いてしまったアナタ、自分ではそんなに軽いつもりじゃなかったのに、気がついたらオトコたちの間ですぐに一晩ともにできると勘違いされてる!? そんなあなたは、

恋の裸の王様症候群

えぇ、みなさん、お気づきでしょうか? 愛だとか恋だとか話すのは何もオンナ同士だけじゃない。おっと間違えた。オトコ同士で愛や恋は語らない、オトコ同士で話されるのは誰誰とやったとかやらないとか、どこのAVがよいとか、もっと単純な下ネタのほうが多いと思う。
あとは、過去のオンナとの失恋ズルズル話。オンナも話すけど、オンナの場合オトコとのHなことを話すときには大体が好きなオトコとの話になるじゃない? そうじゃないと話題にも上らない。でも、オトコがやったとかやらないとかの話をするとき、そこに愛情があることは少ないみたい。しかも、オトコ同士のオンナに対しての秘密ごと、浮気に関してとかオンナをくどくときとか、ただのHな話とか、そういうことに関して秘密を守ったり共有する結束力や団結力はオンナが想像するよりも堅いのよね。

どうも、オトコはオトコ同士でオンナに関しての話題をあまりださないのかと思っていたけれど、オトコ同士の情報網を甘くみてはいけないようだ。話題に出すやつは、出す!
世間は本当に狭いのよ。会社が全然別であってもなぜか似たような人達には、ネットワークにどこか共通点があるのだということに気づいたの。なぜなら、遊ぶ場所が似てくるから。場所には似たような人をひきつける力があるのかもしれないわね。

例えばA君とB君は全く会社も違うし、「知り合いじゃないよね~」っと思っていたら出身大学が同じで実は繋がってたり、遊ぶ場所が同じで共通の知り合いだったなんてこともある。また、同じ会社の中でもさすがにプライベートなことまでは話さないだろうとたかをくぐっていても、同じような遊び人タイプのオトコたちは似たもの同士でコミュニティを作っていたりするので、アナタと彼との関係がちょこちょこと漏れ出したりしているのよね。恐ろしい。なにが恐ろしいってそれを知らずに毎日を過ごしてしまうことが。
そして、うっかり誰にも知られないだろうとどうでもいいオトコとHしたことがひろまることが。…